Auto Layout方法メモ

横向きにしても背景を画面いっぱいにしたい

右下にあるこの部分をおす

このような画面がでてくる

矢印部分をクリックすると赤くなる

Add 4 Constaintsをクリックする

横向きにしたときにこのようになる

右と左がいっぱいになっていないのはこの部分がiPhoneXからの機種特有のSafeareaがあるためである。

この部分にかぶるボタンは設置してはいけないが、背景は関係ないしかっこわるいので画面いっぱいにする操作が必要。

左側のメニューで以下の青いところを選択

右側のSecond itemを選択

Superviewを選択

すると右側が画面いっぱいになったことが確認できる

左側も同じようにやっていく。

Safe Areaの確認方法

左側のSafe Areaを押すと確認できる(薄く青くなっているところ)

ロゴを常に真ん中に表示したい

デバイスが変わったり、横向きにするとロゴの位置がおかしくなるので常に真ん中になるようにしたい。

ロゴを選択し、右下のこの部分を選択

このような画面がでてくる

以下の2つにチェックをいれる

横向きにしても真ん中になっていることが確認できる。

練習 常に真ん中、ロゴから30pxの位置に配置せよ!

ラベルを選択し、Horizontallyのみチェックをいれる

ラベルが真ん中にくる

ロゴから30pxの位置に設定する

完了!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です