PHP requireとincludeの違い、_onceってなに問題

includeとrequireの違い

includeとrequireの違いはエラーの種類!

  • include:読み込みファイルが無いとWarning(=警告)になる
  • require:読み込みファイルが無いとFatal Error(=致命的なエラー)になる
注意
includeを使った場合のWarning(=警告)は処理を止めずにそのまま行われる

requireはファイルが無かった場合、致命的なエラーとなり処理が停止される。

requireとrequire_once(includeとinclude_once)の違い

require_onceはファイルを1度だけ読み込む。

require_onceを使用すると、既に読み込まれている場合は再読込みを行わない

再読込みが行われて、変数などが再定義されると困る場合は、require_onceを使う。

includeとinclude_onceも同じである。

まとめ

  • ファイルが読み込めない場合に処理を停止する場合はrequire、停止せずそのまま処理を続けたい場合はincludeを使用する。
  • 一度しか読み込まなくていいもの、変数が再定義されたくないものは_onceをつける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です