【Git】Gitコマンドまとめ

Gitで押さえておくコマンドをまとめました。

ローカルリポジトリの新規作成

git init

Gitリポジトリのクローン(コピー)を作成する

git clone <git hub のクローンのURL>

リモートリポジトリ(GitHub)を新規追加

git remote add <リモート名> <リモートURL>
#originというショートカットでurlのリポジトリを登録
#originという名前でGitHubリポジトリにあっぷしたり取得したりできるようになる
git remote add origin <https://github.com/...>

変更をステージに追加する

git add <ファイル名>
git add <ディレクトリ名>
#カレントディレクトリ以下の、変更があったすべてのファイルをステージに追加する
git add .

変更を記録(コミット)する

git commit
#エディタを立ち上げずにコメントを付けたい場合
git commit -m "<メッセージ>"
#変更内容をみることができる
git commit -v

変更履歴をマージ(他の人の変更内容を自分のブランチに統合)する

#マージするブランチに移動
git checkout <ブランチ名> 
git merge <ブランチ名>
git merge <リモート名/ブランチ名>

リモートリポジトリ(GitHub)へ送信(プッシュ)する

#push:ファイルの追加や変更の履歴をリモートリポジトリにアップロードするための操作
git push <リモート名> <ブランチ名>

リモートから情報を取得してマージする(プル)

#マージするブランチに移動
git checkout <ブランチ名> 
git pull <リモート名> <ブランチ名>
注意
今自分がいるブランチにプルしてきたブランチの内容がマージされる点に注意する。git branchで要確認!

git pullはgit fetchしてgit mergeするのと同じである。

git fetch origin master
git merge origin/master

ブランチを削除する

git branch -d <ブランチ名>
#masterにマージされていない変更が残っている場合削除しない

ブランチを新規追加する

git branch <ブランチ名>
#ブランチを作成するだけで切替は行わない
#ブランチを新規作成して切り替える
git checkout -b <新ブランチ名>

ブランチを切り替える

git checkout <ブランチ名>

ブランチの一覧を表示する

git branch
#全てのブランチを表示する
git branch -a

現在の変更状況を確認する

git status

変更履歴を確認する

git log
#一行で表示する
git log --oneline
#表示するコミット数を制限する
git log -n <コミット数>

リモートを表示する

git remote

ファイルへの変更を取り消す

git checkout --<ファイル名>
git checkout --<ディレクトリ名>
#全変更を取り消す
git checkout --.

ステージに追加した変更を取り消す

git reset HEAD <ファイル名>
git reset HEAD <ディレクトリ名>
#全変更を取り消す
git reset HEAD .

直前のコミットをやり直す

git commit --amend
注意
リモートリポジトリにPushしたコミットはやり直してはいけない

ファイルを削除する

git rm <ファイル名>
git rm -r <ディレクトリ名>
#ワークツリーにはファイルを残したいけどgitからファイルを削除したいとき
git rm --chaxhed <ファイル名>

ファイルの移動を記録する

git mv <旧ファイル> <新ファイル>
#以下のコマンドと同じ
mv <旧ファイル> <新ファイル>
git rm <旧ファイル>
git add <新ファイル>

現在のディレクトリのファイルを表示

ls

ファイルの中身を表示する

cat <ファイル名>

ディレクトリを作成

mkdir <ディレクトリ名>

空のファイルを作成

touch ファイル名